2021.05.25
メッセージ

ライフステージが変化しても、挑戦を続けられる。一人ひとりが多様な働き方でやりがいを追求できる環境です。

マネージャー N.S

皆さん、こんにちは。EYストラテジー・アンド・コンサルティング(以下、EYSC)のStrategic Value Enhancement(以下、SVE)で、マネージャーとして働いている、N.Sと申します。今日は、私のこれまでのキャリアや働き方について、お話しできればと思います。

そもそも私がコンサルタントを志したのは、アメリカで政治学を専攻していた学生時代でした。学問の世界というのは、良くも悪くも論理の世界で、言ってしまえば、机上の空論に過ぎないと感じることも少なからずありました。自分が働くなら、より社会にインパクトを与える実務的な仕事がしたい。じゃあ、どんな職業がいいかなと考え、色々な先輩のお話を伺うなかで見えてきたのがコンサルタントの道でした。

ただ、新卒で入社したコンサルティング会社のストラテジー部門には今のSVEのように、戦略立案からM&Aの実行までを担うチームはなかったんですね。そのため、フェーズごとに担当者が変わってしまい、どうしてもスピード感や継続性が不十分だと感じていました。これでは、クライアントや社会にインパクトを与える仕事ができないのではないか。そんな風に悩んだ末に、より一気通貫でプロジェクトに携われる環境を求めて転職します。

そこで出会ったのが、今の上司である篠原さんです。当時から、篠原さんのスキルは突出していました。ご本人のコンサルタントとしての能力も勿論そうですが、一気通貫のプロジェクトを早期に立ち上げるという先見・クライアントへのコミット・そして推進力、またチームメンバーの鼓舞・ケア等のマネジメント力です。普段から日本を代表する企業のCxOと話されているので、情報のアップデートもすごく早い。それを即座にチームに共有してくれるから、私たちもダイナミックなスピードでどんどん成長することができます。

現在のEYの動きを見ていて強く感じるのは、人材面の充実です。規模の拡大に伴って、優れたタレントが一気に増えました。SVEのように幅広い管轄を担うセクターを設けられるようになったのも、タレントが充実したおかげだと思います。グローバルやセクターを跨いでのコラボレーションが得意なところや、Diversity and Inclusiveness(以下、D&I)を大切にするカルチャーはEYの魅力です。

パソコンを操作するNS

特にD&Iに関する取り組みが進んでいることは、昨年、私自身が出産を経験したことで強く実感しました。多様な働き方を掲げて、育休制度や時短制度を充実させている会社は、今では少なくないと思います。けれどEYでは、単に制度が整っているだけではなく、それを実際に利用した先輩が、すでに大勢います。制度・運用のサイクルが出来ているからこそ出産後の働き方をよりリアルにシミュレーションすることができました。

結果的に、私自身は出産後半年ほどで仕事に復帰しました。上司や仲間たちは「いつ戻ってきてもいいよ」と仰ってくれていたので、保育園との兼ね合いなどを図りながら、自分自身で時期を選んだ形です。勤務時間については、育児を経験した先輩や上司とも相談しながら、あえて時短制度は使わずに、フルタイムで働くことを選びました。

とはいえ、24時間自分のことを必要としている存在ができると、以前のように生活の100%を仕事に注ぐことはできません。「このままでは回らなくなるかも......」と不安になることもありました。でも、そんなときには男性・女性問わずユニットメンバーたちがアドバイスをくれます。特に「育児は外部リソースに頼ってもよいよ」「仕事でも、任せられる仕事は仲間に任せよう」という助言は心がスッと軽くなりました。実際に同僚はとてもサポーティブだし、上司も私の状況に合わせてKPIを設定しなおすなど、細かなケアをしてくれます。

こうした恵まれた環境のなかで、パーパスである「より良い社会の構築を目指して(Building a better working world)」の実現に、さらに貢献できるコンサルタントを目指したいと考えています。特に、誰もが自分の仕事にやりがいを感じられるような組織作りのお手伝いをしていきたい。それがパーパスの達成へとつながっていると感じています。