EY-Parthenon – Turnaround & Restructuring Strategy Senior Consultant H.M.

クライアントの将来を左右する決断において、私たちにも常に本気が求められます。クライアントと共に背負い、乗り越える。
それが私たちの使命です。

入社の動機

前職は財務系コンサルティング会社のM&A部門に所属し、主にセルサイドのファイナンシャル・アドバイザー(FA)として企業及び事業の売却手続きに関わりました。大きな経営判断が下される場面に関与することができ、当時はとてもやりがいを感じていました。しかし企業の経営判断はそれが全てではないと思い始め、M&Aという選択肢を企業価値向上の有効な手段としつつも、それ以外の選択肢にも積極的に応えられる存在になりたいと考えた時に、企業再生・ターンアラウンドといった分野を知りました。

EYSCは他の競合ファームに引けを取らない環境や実力が備わっていおり、個人が成長するために最高の環境を提供してくれる場であることは間違いないと思います。入社を決心した最後の決め手は人でした。採用面談では現場で活躍するメンバーと話す機会が設けられたのですが、それぞれが「確固たる信念」と「熱い想い」を持ってクライアントと向き合っていることが言葉の端々から感じられ、そのような先輩や同僚から学び、共に働きたいと感じて、入社を決めました。

仕事内容

私が所属するTurnaround & Restructuring Strategyでは、事業計画策定支援および企業再生支援に取り組んでいます。支援の入り口としては事業・財務デューディリジェンスを通じて、企業の収益力の有無、企業の課題等の把握を行います。その後の事業計画策定支援においては、調査結果に基づいて今後取るべき最善の策をクライアントとひざ詰めで議論し、クライアントの魂のこもった事業計画へと昇華させていきます。企業再生支援においては調査結果に基づき、企業が自力もしくは他力による再生を果たすために何が必要か見極め、同時に税務・法務の専門家の支援を得ながら、再生支援の肝となる再生計画をクライアントと一緒に策定していきます。

どちらの業務にもいえることは、あくまで私たちはクライアントと利害関係者(金融機関、株主、債権者等)の間の潤滑油であるということです。主体はクライアントであって、彼らの想いを実現できるようサポートすることが、私たちの仕事であり使命であると考えています。

入社後の印象・雰囲気

入社後、特にクライアントの課題に対して社員1人ひとりが常に全力で応えようとする姿勢には感銘を受けました。プロジェクトという時間制限がある中で、妥協せずにぎりぎりまでクライアントにとって何が最善かを問い続ける姿勢、またプロジェクト外においてもまだ見ぬクライアントに応えられるよう自分磨きを続ける社員の成長意欲の高さ、これらは私が入社前に想像していた以上のものでした。同僚から日々刺激を受け、自身の成長にもつなげられていると実感しています。

仕事の魅力・やりがいを感じる瞬間

1つ目はクライアントと企業の方向性について膝詰めで議論して、前に立ちふさがる課題や困難を一緒に乗り越えることができたときです。彼らの将来を左右する決断において、私たちも常に本気を求められます。そのプレッシャーは生半可なものではありませんが、それを私たちも背負い、クライアントと共に乗り越えることができたときには、筆舌に尽くしがたい喜びを感じます。

2つ目はEYSCでは他部署やグローバルと仕事をする機会もあり、自身の考え方をいつも相対的に捉え直すことができることです。価値観の異なる社員と分析や議論を重ね、自身の考えを磨き上げていくことは非常に刺激的です。

今後の目標・キャリアの展望

1つ目は、関与している長期プロジェクトの計画最終年度を見届けることです。当部署で策定する再生計画は、短期的なターンアラウンドから、5年~10年に亘る長期案件もあります。M&Aにおいても買収後のPMIにおける挑戦や障壁が多いように、事業計画も策定する以上に実行には困難が伴います。EYSCとして計画の最後まで関与するのは当然ですが、計画策定に関与したものとして、私自身も最後まで責任を持って取り組みたいと考えております。

2つ目として、EYSC内で提供されるさまざまな機会やフィールドを活用したいと考えています。EYSCでは、強い意志があればあらゆる可能性に挑戦できる機会を与えられます。クライアントのため、自身のため、この機会を十分に活用して、提供するサービス、知見、人格等のさらなる向上に取り組みます。

当社に関心をお持ちの方に向けたメッセージ

EYSCにはクライアントのため、自身のため、常に新しいゴールを見据えて常に全力で走り続けられる人が集まっています。同時にEYSCは、強い意志があれば、あらゆる可能性に挑戦できる機会を提供してくれます。私を含めた社員の記事をご覧いただき、そのような環境に少しでも関心や共感をお持ちいただけるようであれば、ぜひ門戸を叩いてください。縁あってご入社された暁には、プロジェクトでご一緒できることを楽しみにしております。

Strategy and Transactions

Read more