Transaction & Corporate Finance – Infrastructure Advisory Senior Consultant

市場動向をにらみながら、クライアントと膝を突き合わせて議論し、進めるプロジェクトの数々。
クライアントと達成感を分かち合う喜びがあります。

入社の動機

前職では国際協力機関の現地事務所にて、技術協力案件や資金協力案件の実施管理、調整、評価および新規案件形成に従事していました。資金協力案件では水力発電所や送電線などのインフラ案件を担当し、相手国の政府、国際機関及び各国のドナーと協力をしながら、その国の経済の基盤をつくる過程に関わることができ、インフラ事業のダイナミックさに魅力を感じました。日本でも海外でも、今後まだまだ拡大していくインフラ市場に関わっていきたいと考え、さらに深く幅広い知識を習得できる当社Infrastructure Advisoryへのキャリアチェンジを決意しました。

仕事内容

私の所属する部署はインフラセクターに特化し、インフラ資産のトランザクション支援、入札支援、基礎調査支援及び金融機関向け調査・分析等支援を中心にさまざまなサービスを提供しています。入社後は再生可能エネルギー分野のうち、太陽光、風力およびバイオマス発電案件のファイナンシャル・アドバイザリー業務、ドキュメンテーション、案件のデューディリジェンス、または国などが運営している公共インフラのコンセッション案件の民間企業側アドバイザリーなどにプロジェクトチームの一員として携わってきました。現時点では国内の案件が多いですが、海外の案件も拡大していくことを目標にしています。

入社後の印象・雰囲気

チームはインフラ事業に関わる各分野のプロフェッショナルがそろった少数精鋭の組織ですが、この数年で拡大しています。パートナーから若手まで風通しは非常に良く、コンサルティングファームでの経験がなく最新の業界知識など分からないことの多い私も、上司や同僚から丁寧な指導やアドバイスをもらいながら知識を高めてきました。またインフラというセクターに特化した部門ではありますが、EY Japanのメンバーファームや他部門と協働する機会が多いため、さまざまな専門性を持った方々と知り合い、新たな知識を吸収できるチャンスに恵まれた職場です。

仕事の魅力・やりがいを感じる瞬間

プロジェクトの進捗に合わせてクライアントのニーズを直接ヒアリングしながら進めていく案件が多く、そのときの市場動向を勘案しつつ、クライアントの方々と膝を突き合わせて議論をしながら進めていきます。そのためプロジェクトが無事成功した際には、クライアントと達成感や喜びを分かち合える楽しさがあります。また多種多様なインフラ案件を経験することを通して最新の知識を身につけられる環境は、やはり魅力的です。

今後の目標・キャリアの展望

EYSCには、専門知識を持ったプロフェッショナルが大勢おり、案件で関わり合いながらより深く幅広い知識を吸収できます。インフラセクターとひとくくりにいっても、案件によってクライアントの意向、プロジェクト関係者の特徴、案件内容、案件規模、案件形成の仕方などは多種多様です。そのような環境の中で知識を蓄え、クライアントや案件の特徴に沿った効率的かつ最適なサービスを提供できるようなプロフェッショナルに成長していきたいと考えています。またEYのグローバルな組織の中で、EYの海外オフィスでのトレーニングプログラム等を活用し、広い視野をもって柔軟な思考を養っていきたいと考えています。

当社に関心をお持ちの方に向けたメッセージ

新たな知識を身につけることのできる、魅力的かつ刺激的な環境が整っています。また東京ミッドタウン日比谷 日比谷三井タワーのオフィススペースからは、皇居や日比谷公園の美しい緑が望めますので、とてもすがすがしい気持ちで仕事ができます。現在はリモートワークと併用したフレキシブルな働き方が可能です。現在のインフラ市場動向に照らし、私たちはビジネスのさらなる成長を目指しています。これからの成長を支える中核メンバーとして外部の経験者を積極的に採用しています。一緒にビジネスをつくり上げてくださる意欲の高い方をお待ちしています。

Strategy and Transactions

Read more