ビジネスコンサルティング リーダーメッセージ

変革をリードし、次世代に新しい価値を残す

ビジネスコンサルティングリーダー パートナー髙見 陽一郎

大手総合系コンサルティングファームでの株式公開支援、米国シリコンバレーにおけるCFOとして、海外勤務経験しました。
外資系コンサルティングファームを経て、2010年にEYに参画。
Finance領域のコンサルティングをベースに、2020年より現職にて、持続可能なビジネスモデルへの転換と創出を支援しています。

EYSCで働く理由

今、日本も世界も、大きな価値観の転換期を迎えています。企業の経営環境も大きく変わり、サステナブルな世界の実現に向けて、多くの社会課題が投げかけられています。
そうした中、企業は新たなビジネスモデルへの転換や従来にない経営リスクへの対応が求められています。
EYはこうした社会課題を起点とする業界課題・経営課題の解消を通じて、次世代に受継がれる新たなビジネスモデルへの転換と創出に貢献します。

求める人材像

EYのビジネスコンサルティングでは、クライアントの経営課題の解消に向け、社会課題・業界課題というマクロの視点と、クライアント独自のアジェンダを密接に結びつけたコンサルティングを提供します。
複数の分野に及ぶ課題に対して、各領域のプロフェッショナルと連携し、クライアントの持続可能な成長を支援すること、そして、EYの掲げる「より良い社会の構築を目指して」というパーパスに共感し、挑戦いただける方を求めています。

新たな価値観・世界観で求められるTransformationの最前線に立ち、Business Consultingを提供します

ビジネスコンサルティングサブリーダー パートナー吉田 英司

30年におよぶ大手総合系コンサルティングファームでの勤務において、会計監査、ERM、グローバルガバナンス、IPO支援、パブリックビジネスなどの多様な業務を経験しました。米国および中国での勤務においては、海外事業運営支援を中心として、CxOアジェンダへの取組みに注力。事業拡大を目指し、リスク・コンサルティングの責任者としてEYに参画しています。

EYSCで働く理由

著しい環境変化において、業界課題・経営課題を解決するためには、業界に精通した専門家、戦略とオペレーションの改革に長けた専門家、そして、これまでにない戦略的リスク管理を推進できる専門家による、攻めと守りを意識したTransformationが必要です。
専門家が課題解決のために一体となって価値を提供できる、それがEYで働くことの喜びです。

求める人材像

常に業界動向、企業業績などにアンテナを張り、自身としての仮説と解決策を考えられる想像力の豊かな人材を必要としています。
また、コミュニケーション力と実行力を発揮することにより企業へ価値を提供するだけでなく、DE&I活動、社会貢献活動などにも楽しく取り組むことができるメンバーと仕事がしたいと考えています。

次世代に繋がる顧客と企業の関係を共にデザインしましょう

カスタマーエクスペリエンス トランスフォーメーションリーダー パートナー吉本 司

コンサルティング業界においてCRM領域を中心に約20年間の経験を有しています。顧客体験(CX)に加えて社員の体験(EX)も考慮した顧客タッチポイントの最適化・新規サービスの創出などにも幅広く精通しています。

EYSCで働く理由

人口動態変化による市場縮小、労働力不足に加え、Z世代を中心とした顧客や社員の価値観の変化に直面する企業は、このパンデミックを受けて、さらに迅速な変革を求められています。従来のマーケティング活動は、顧客と社員、自然環境にとって本当に幸せだったのか?十分だったのか?これからの企業はこの命題への対応と売上の維持・拡大を両立させる必要があります。EYはマーケティング活動の変革支援を通じて、より良い社会の構築に貢献します。

求める人材像

顧客タッチポイントの最適化や新規サービス創出、どちらも顧客起点で事業やサービス・プロセスを考察する必要があります。新しいアイデアや価値観を創出するには、従来の左脳中心のコンサルティングのみならず、右脳によるコンサルティングも必要になります。このような異なる専門性を持ったメンバーと建設的にコラボレーションできる柔軟性やコミュニケーション能力を持つ方、そして変革にともなう苦労や痛みをやり切る気概を持つ方々とご一緒できることを楽しみにしています。

大規模なトランスフォーメーションの設計から実行、定着までを支援します

トランスフォーメーションデザイン&デリバリーリーダー パートナー中村 宏

メガバンク、米系戦略コンサルティングファームを経て2021年3月にEYに参画しました。

現在、トランスフォーメーションデザイン&デリバリーのリーダーとして、大規模トランスフォーメーションの設計・実行・定着を支援し、非連続的な成果の実現に取り組んでいます。

EYSCで働く理由

コンサルタントとして、「机上の空論」ではなく目に見える「成果を出す」ことに一貫してこだわってきました。
EYは多様な人材、コンピテンシー、ネットワークを有しています。これらを存分に活用することで、社会課題の解決のような大きな成果を創出でき、クライアントのみならず、幅広いステークホルダー(従業員・お客様・地域・株主など)の幸せに、更にはより良い社会の構築につながると信じています。

求める人材像

論理的思考力など、コンサルタントとしての基礎スキルはもちろん必要です。
ただそれ以上に重要なのは、クライアントの成功へのコミットメントだと考えます。
トランスフォーメーションプロジェクトのほとんどは、クライアントにとって社運を賭けたもの。あらゆるスキルとリソースを総動員して、何が何でも成功に導く。そしてその先のより良い社会の構築に貢献する。そんな動き方・考え方ができる方を求めています。

自社の「長期的価値」を管理できる企業こそが、真の「サステナブルな成長」を成し遂げる

ファイナンスリーダー パートナー田中 雅史

20年以上の経営コンサルタントとしてのキャリアのうち、前半は会計コンサルタントとして、その後は業界コンサルタントとして過ごしてきました。
日本企業の競争力強化のためには、自社の長期的価値の把握と管理体制の構築、そして世界水準のファイナンス・プラクティスの導入が必要です。そんな強い思いを持ち、EYの経理財務コンサルティングチームを率いています。

EYSCで働く理由

「社会課題解決を通じて社会に貢献している企業が、あらゆるステークホルダーから適正に評価され、サステナブルな長期的価値創出を可能とする、健全な社会」これが、私が考える「社会平和」です。
この実現に向けて、私たちはクライアント企業に対し、社会課題を起点とした企業のパーパスと長期的価値の定義、それら長期的価値創出の原動力たるCVO(Chief Value Officer)の導入を推進していきます。こうした強い信念を持ち、実行に移せる風土がある、これこそがEYで働く意義です。

求める人材像

短期的価値から長期的価値へ、連続的成長から非連続な成長へ、リーン/ソリッドからレジリエントへ、ウォーターフォールからアジャイルへ。
このように、企業経営の価値基準や求められるケイパビリティに変化が現れています。
こうした価値変化に柔軟に対応でき、(日本)企業の競争力強化・継続的発展に向けてFinance視点から出来ることを考え抜いてコミットし、CFOのみならずCEO/COOのベストアドバイザーでありたい。そんな視座を持った方、もしくはそうなりたい方に、広く門戸は開かれています。

“Resilient & Sustainable“
EYがサプライチェーンの変革をリードする

サプライチェーン&オペレーションズリーダー パートナー羽柴 崇典

新卒で事業会社に入社。サプライチェーン領域の経験を積んだ後、コンサルティング業界でのキャリアをスタートしました。2012年よりEYに参画、2015年よりサプライチェーン&オペレーションズのリーダーを担っています。

EYSCで働く理由

ResilientでSustainableなサプライチェーンへの変革は、個社個別の課題を解決するだけでは実現できません。
組織や地域の枠にとらわれずに、サプライチェーン全体の変革を支援できる実行力が必要です。
EYでは、税理士法人やM&Aアドバイザーなどの専門部隊や、EYのグローバルな組織とコラボレーションすることで、クライアントにとって最適な体制を編成し、長期的価値の向上に貢献できる体制を組むことができます。
このような組織や地域の枠を超えたダイナミックなコラボレーションが我々の強みであり、働く上での醍醐味です。

求める人材像

我々のサービスは、机上の空論では終わりません。クライアントのサプライチェーンの仕組みを深く理解した上で、実行まで責任を持って取り組みます。物事の仕組みや原理・原則に興味がある好奇心の強い方にとっては、非常に魅力的な仕事だと考えています。
また、社内・社外、地域を問わず、多くのステークホルダーとのコミュニケーションが求められます。非常に難易度は高いですが、Diversityを肌で感じられる環境でもあります。このような環境を意欲的に感じられるフットワークが軽い方にはおすすめです。

「責任と実行」。不確実性が高まるグローバル環境で挑戦するステージへ

エンタープライズリスクリーダー パートナー小山 裕介

20年以上のマネジメント・コンサルティング業務、機関投資家としてのファンド運用・助言業務、危機管理コンサルティング・ファームの日本総代表のポジションを経て、2020年夏よりEYに参画。CxOアジェンダに係わるリスク・サービス全般を率いています。

EYSCで働く理由

人、モノ、情報、お金の流れのグローバル化が進み、企業が抱える課題の複雑性はますます高まる中で、企業・組織には、社会の未来に対する責任と貢献が求められています。
EYSCは、“社会平和”というキーワードを掲げています。我々の提供する多種多様なリスクに関するコンサルティング・プロジェクトを通して、目の前のお客様だけでなく、お客様の大事にしている人達の将来にどのような価値をもたらすことが出来るのかまで考え、コンサルティングに取り組んでいます。

求める人材像

外部環境が著しく変化する中、持続的に価値を創出する上でのリスク管理の高度化がより一層求められています。
その中で、将来のリスクとリターンに対して高い洞察力を持ち、組織をナビゲートする「リーダー」が必要です。
EYのリスク・サービスでは、リーダーの舵取りをリスクの観点で支援したい、グローバル基準で価値を創り出せるビジネス・パーソンになりたい、と考える人材の参画を待ち望んでいます。

デジタル対応に苦慮する企業を、リスク面から真摯に支援する

テクノロジーリスクリーダー パートナー長尾 大輔

デジタル化が進む企業環境においてIT監査及びリスクコンサルティングサービスを提供しています。
1992年監査法人入所後、8年間、財務諸表監査及びシステム導入支援業務を実施した後、2000年よりコンサルティング業務に従事。ITリスクコンサルティング、データアナリティクス分野のコンサルティング、政府開発援助による途上国支援をリードしています。

EYSCで働く理由

昨今押し寄せるデジタル化の波により、多くの組織にとって、最新技術の活用は喫緊の課題です。

最新技術の活用を実現するにあたり、クライアントが直面する課題を理解し、提供するプロフェッショナルサービスの質を向上させていくことが、私たちのミッションです。

より良い社会の構築をめざすために、社会の変革の波に対応しようと努力する企業を全力で支援します。

求める人材像

様々なスキル、バックグラウンドの方々が協力しながら成長する組織のため、様々な価値観を認めあえる方を歓迎します。
監査やリスクコンサルティングといった社会インフラの一部を支える業務に関心のある方、財務・会計・ITといった分野のナレッジをお持ちの方の力を必要としています。
より良い社会の構築をめざすために力を貸して下さい。