ピープル・アドバイザリー・サービス リーダー メッセージ

デジタルな時代だからこそ、
ヒトの力で未来を変える

ピープル・アドバイザリー・サービスリーダー/マーケッツ/BDリーダー パートナー鵜澤 慎一郎

EY アジアパシフィック ピープル・アドバイザリー・サービス(PAS)日本地域代表。
事業会社およびコンサルティング会社で20年以上の人事変革経験を持ち、専門領域は人事戦略策定、HRトランスフォーメーション、チェンジマネジメント、デジタル人事。グローバルトップコンサルティングファームのHR Transformation 事業責任者やアジアパシフィック7か国のHRコンサルティング推進責任者経験を経て、2017年4月より現職。EYと同時に2020年9月からビジネス・ブレークスルー大学大学院(MBA)客員教授に就任。主な著書に「ワークスタイル変革」(労務行政:共著)。

皆さんこんにちは、ピープル・アドバイザリー・サービス リーダーの鵜澤 慎一郎です。
デジタル技術の進歩により、最新のテクノロジーが人間の仕事を置き換えてしまうリスクのある時代に突入しました。そんな中、あえて人間が持つ潜在的な能力や将来性を信じたいと私たちは考えています。
EYは世界150以上の国・地域において、13,000名超の組織・人事プロフェッショナルのグローバルネットワークにおいて、人間がデジタルと共存し、成長できる新しい未来づくりに貢献しています。
EYが日本でも世界でもHuman Capital やHRコンサルティングと名乗らず、ピープルアドバイザリーと称している理由は、ピープルアジェンダ(組織・人事課題)の解決はHR部門の職掌範囲ではなく、CEOや経営企画部門、営業部門などすべての組織が最優先で取り組むべき大きな経営課題と考えているからです。
我々はHR部門を超えて全組織にピープルアドバイザリー/コンサルティングの価値を広げていきます。
旧態依然とした人事コンサルティングの世界観や知識・経験・手法にとらわれず、デジタルテクノロジーやビジネスに専門性や好奇心を持ちながら、一緒にマーケットを創造していこうという強い意志、積極性のある方を求めています。