Work-Life Balance
多様な働き方の紹介

20年にわたる経験を活かして、プロジェクトに参画中

テクノロジーソリューションデリバリーシニアマネージャー

<経歴>
事業会社を経て、コンサルティング業界へ転職。ERPパッケージを活用した業務変革や生産業務改革のコンサルティングを、約30年経験。
<担当領域>
医薬品、食品、飲料、製薬、自動車、SAP-ERP、Oracle-EBS

EY入社から定年まで

約20年にわたってグローバルIT企業でERPパッケージに関する業務を経験していましたが、ERPパッケージを活用した業務改革ビジネスをEYで立ち上げるとのことで経験を活かせるのではないかとEYに転職することにしました。
EYに転職後、EYでのグローバルな取り組みである非金融領域へのブロックチェーンを活用したトレーサビリティシステムの企画および提案から導入、また、ERPパッケージの導入プロジェクトに参画し、定年を迎えた後もこれらのビジネスの推進を継続しています。

年齢や性別を越え、お互いを尊重して仕事ができる

自分の所属する部門では、メンバーの多くが中途採用で入社しています。その中で、年齢や性別という垣根を越え、お互いを尊重して仕事ができることが、定年後も継続して働くことを決めた大きな理由です。

チャレンジに前向きな人にとって魅力的な会社

EYはまだまだ成長途上の会社であるため、会社という組織の中で変革や挑戦について前向きなサポートが得られる風土があります。この風土を活用でき、積極的にいろいろな立場で仕事にチャレンジすることが可能です。このチャレンジに対して前向きな気持ちがある人にとってEYは魅力的な会社だと思います。一方で、与えられることを望むだけの受け身の人にとっては、EYは不向きかもしれません。

1日の流れ

08:20    業務開始

早めに出社し1日の予定を確認。フリーアドレスのため気に入っている席を確保。

9:00    打ち合わせ

プロジェクトのEYメンバーやクライアントとの打ち合わせ。必ず最後の10分でWrap upとToDoの確認をする。

11:45    昼食

気分転換のため、オフィスから離れたところに足を運ぶようにしている。

13:00    デスクワーク

翌日のクライアントとの打ち合わせに向けて資料作成。

15:00    休憩

仕事にメリハリをつけるため、時間を決めて休憩をはさむ。

15:30    デスクワーク

翌日のクライアントとの打ち合わせに向けて資料作成。

18:30    業務終了

その日のWrap upと残作業の確認。

19:00    帰宅

就寝前に、メールを確認。翌日の予定や緊急の対応有無を確認。

OnとOffの切り替えを重視

OnとOffの切り替えを一番重視しています。週末の土日のいずれか1日は、火急の用事がない限りPCを開かないようにしています。仕事以外に、自立できる趣味を持つことも良いのではないでしょうか。私の場合は、スキューバダイビングのインストラクターです。

10年後もこの業界でコンサルテーションを

業界で認められて独立し、10年後もこの業界で先進技術をコンサルテーションできるようになることを目指しています。