Transaction & Corporate Finance – Valuation, Modeling and Economics Director M.H.

買収対象企業の保有する資産・負債あるいは企業そのものの価値を算定する、繊細かつ重要な任務。
インターナショナルな仲間と技術を極める。

入社の動機

大学時代は理工学部の情報工学科を専攻し、会計や金融とは全く無縁の世界にいました。しかし金融危機を機にM&Aを知り、その新しい世界の中で自分の可能性を探し始めました。外資系投資銀行におけるインターンシップでM&Aの世界におけるバリュエーション(企業価値評価)の存在を知り、強く興味を持つようになりました。大学卒業後は新卒として外資系投資銀行にてキャリアをスタートしましたが、その後バリュエーションをキャリアとして極めたいと考えるに至り、当社への入社を決めました。

仕事内容

バリュエーションは、M&A対象企業の保有する資産・負債あるいは企業そのものの価値を算定する、M&Aの中でも高い技術力を問われる、非常に繊細かつ重要な業務です。プロセスとしては財務分析を実施した上、価値を算定し、その後価値算定ロジックを報告書形式でまとめるといった流れです。市場は国内・海外ともに業界や規模もさまざまであり、また価値を算定する目的も個々の状況により多様です。

私自身はバリュエーションの専門家になりたいというのが入社動機でしたが、新たに財務モデリングと呼ばれる業務にも経験を広げました。財務モデリング業務はM&Aの世界において流行となっているサービスの一つで、商社やファンドのみならず一般事業会社も積極的に利用しています。簡単に表現するとエクセルなどを用いたモデルのオーダーメイド業務で、往々にして税務や会計の複雑な計算ロジックが関連します。近年では特に海外に新規投資する際の経済性分析や、コンセッション事業に参画する際の実現可能性分析などにおいて、外部の専門家を起用して財務モデルの構築を依頼することが企業の間でスタンダードになっています。

多様な案件を経験し、専門スキルの深さと幅を広げることで、現在はプロジェクトをリードする立場でクライアントの皆さまと関わっています。

入社後の印象・雰囲気

多様な社員が働いており、活気に満ちた自由闊達な雰囲気があります。私自身も含め若手は海外育ち、もしくは外国籍の社員が多く活躍しています。ビジネス上、クライアントとは日本語でコミュニケーションをとりますが、社内は英語をはじめとする多言語で、インターナショナルな雰囲気があります。案件はプロジェクトマネジャーのもと、複数名で構成されたプロジェクトチームとして動くこととなりますが、個々人の進め方やスタイルがある程度尊重され、個人の裁量に任されている面もあります。そのため若手であっても、自分の責任においてバランスを取りながら業務を進められる点は魅力的であると思います。

仕事の魅力・やりがいを感じる瞬間

EYSCでの仕事の魅力は、クライアントの企業価値の向上はもちろんですが、個人的により強く感じるのは周りの仕事仲間とのチームワークがうまくいったときです。

案件においてクライアントが必要とするサポートを提供するには、自分1人では到底網羅できない範囲の知識や経験が求められます。周囲の同僚のサポートは欠かせません。 EYSCの仕事仲間は、いかなる逆境や無理難題に直面しても常に助け合い、クライアントの企業価値向上のためにチームとして全力を尽くします。

私はEYSCに在籍して10年目に入りますが、仕事仲間は全員かけがえのない友人であると思っています。お互いが切磋琢磨し、同じ目標に向かっていける仲間と共にビジネスができて、すべての瞬間においてやりがいを感じます。

今後の目標・キャリアの展望

専門分野でいうと、自分が今携わっているバリュエーションと財務モデリングに加えて、もう1つ新たなフィールドを増やしたいと思っています。それは現在EYがグローバルで推進している全く新しいスタイルのコンサルティング業務であるデータ・アナリティクスかもしれませんし、その他の新しい分野かもしれません。

キャリアの機会としては、EYの海外オフィスにおける中長期駐在も検討しています。業務上クロスボーダーの案件に関わる機会が非常に多く、英語力のみならず、知識・経験値ともにもう一段階の成長が必要であること、また海外市場に関する知見を増やしたいということが理由です。以前会社の研修制度を利用して、オーストラリアのシドニーにあるEYのオフィスに4週間ほど滞在し、現地のプロジェクトに参加したことがありました。その際は語学のみならず、成長を実感できました。このようにEYで提供される学びのチャンスは数多くあるので、若手にも積極的に応募するよう勧めています。

当社に関心をお持ちの方に向けたメッセージ

キャリアは仕事とプライベート、自己の成長や挑戦と安定など、何に重きを置くかによって大きく変わってくると思います。その点で当社は、非常にバランスのとれた職場環境を提供してくれていると私は感じています。確実に成長機会を得られる分、仕事自体はハードな場面もありますが、私自身がここまで続けられて今でも毎日楽しく働いているのは、働きやすい環境があったからこそだと思います。ぜひご興味を持っていただければと思います。

Strategy and Transactions

Read more