EY-Parthenon strategy Business Analyst

コンサルの業界ではまだ低い女性比率。
EYパルテノンで、女性やマイノリティがより働きやすい環境づくりの一翼を担うことも目標。

入社の動機

私はEYSCに新卒で入社しました。イギリスの大学に在籍していたこともあり、就職活動中は英語力の強みを活かせる職場を重視していました。外資系の会社でも業務内容の大半が国内案件の会社もある中で、EYパルテノンのグローバルでクロスボーダーなチームカルチャー・業務内容に惹かれました。また、Diversity & Inclusivenessの活動を通して社員一人ひとりに合った働き方や職場環境づくりを推進していることもとても魅力的でした。

仕事内容

入社後は、テクノロジーやライフサイエンスなど様々な分野のプロジェクトに従事しました。特にデューデリジェンスの案件が多く、買収先の内部環境および外部環境の調査・評価を行ってきました。異なる業界セクターについて、限られた時間内にトレンドや課題を理解し、アウトプットを出すことが求められるので大変な部分もありますが、様々な業界の知識が身につくのはコンサルの利点だと思います。

入社後の印象・雰囲気

入社後、アサインされるプロジェクトは海外のクライアントなど英語を活用できる場が多く、とても嬉しく思いました。また、入社動機であったD&Iの社風も感じられ、個人一人ひとりの強みや弱み、働き方などを尊重した雰囲気がとても居心地良く感じています。新卒1年目、コロナ禍での100%リモートワークでまだ分からない事が多い中、チームメンバーの方々に基本的な事から指導頂いて、安心して新しい事にチャレンジできる職場だと感じます。

仕事の魅力・やりがいを感じる瞬間

EYパルテノンは、どんどん新しいことが経験できます。1年目でも既にいくつかのプロジェクトでクライアントに英語でプレゼンをする機会を頂きました。日々の仕事がどうクライアントに貢献できているかを直接実感でき、とても良い経験になりました。

今後の目標・キャリアの展望

EYパルテノンでは、様々な分野のクライアントが抱えている課題を解決に導くためのサービスを提供しています。私は様々な分野で経験を積み、将来は興味のある分野を特定し、専門性を持った業務を提供できることを目標にしています。コンサルの業界では、まだ女性比率が低いですが、私自身はEYパルテノンで、女性やマイノリティがより働きやすい環境づくりの一翼を担うよう心掛けていきたいと思います。同時に、自分自身、ライフステージやワークライフバランスを大切にしながら働いていきたいと考えています。

当社に関心をお持ちの方に向けられたメッセージ

EYパルテノンでは、様々な分野のプロジェクトに関わることができ、一緒に働く社員も多様なバックグラウンドを持っているので、とても刺激的な職場だと思います。また、新卒でも大事な業務を任せられることもあるので、入社時からやりがいを感じられる職場です。自身のポテンシャルを引き出してくれるフラットで個人の働き方を尊重するカルチャーが最大の魅力だと思います。

Strategy and Transactions

Read more