EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社(EYSC)

カスタマーエクスペリエンス・トランスフォーメーション マネージャー

顧客接点改革の領域で、日々学び、成長し、成果を出すことが使命

これまでの経歴を踏まえた自己紹介

大手旅行代理店シンクタンク、国内総合系コンサルティングファームを経て、EYに参画しました。現在はカスタマーエクスペリエンス・トランスフォーメーションチームに所属し、クライアントの顧客接点改革に取り組んでいます。新型コロナウイルス感染症拡大(COVID-19)の影響でそのあり方・存在意義を問われている「営業」業務とそのプロセスの変革をご支援する役割を担っています。

入社の動機

前職のコンサルティングファームにて、自身の成長に陰りが見えてきているように感じていました。
そんな時、EYのパートナーと話をする機会があり、その際に私自身が強化する必要のあるポイントや、得た方がよい経験など、ステップアップするためのヒントを与えてくださいました。EYで働くことが自身の成長スピードを加速する一つのきっかけになる、という確信を得たため、入社を決意しました。

入社前後で変わったパーセプション

コンサルティングビジネスに一定期間携わってくると、ある程度自分の型ができてくるのですが、良い意味でその型が大きく覆されました。EYのコンサルタントは、品質に対する追求レベルが非常に高く、元の自分であれば「ここまででよい」と考えていたレベルではダメで、さらに高いレベルに押し上げるためにどうすべきか、時間を惜しまず検討する方たちばかりでした。
もちろんハードではありますが、自身の飛躍につながる機会を得られたと考えています。

直面したチャレンジとどう乗り越えたか

入社がコロナ禍の真っただ中であり、クライアントはもちろん、プロジェクトで一緒に働くチームメンバーとも対面で話す機会を得られなかったことは自身にとって大きなチャレンジでした。
リモートワークでの働き方が根付いてきていますが、やはり対面でのコミュニケーションと比べ、意思疎通・合意形成といったコンサルタントに求められる役割を担うことは困難でした。メンバーとの仲間意識を持つことも通常より時間がかかったと考えています。
ニューノーマルへの向き合い方や、今までと同じようにバリューを発揮するにはどうすればよいか、自分なりに試行錯誤しました。チームメンバーからも積極的にコミュニケーションをとってきてくれたため、現在はそこまで障壁を感じなくなってきました。

これからの目標

EYのコンサルタントとして社内外で幅広く認知され 、プロジェクトの引き合いからちょっとした相談まで、私個人にお声をかけていただくようになることです。そのために、現在は自身のコンサルタントとしてのスキル向上に加え、実績を積み上げることに注力しています。

他部門との協業

Technology Consultingチームのメンバーとともに、クライアントのDigital Transformation実現に向けた支援に携わりました。彼らが持っている知識・経験と、私自身が持っている今までの知見を組み合わせることで、クライアントに新たな価値を提供でき、EYのカルチャーの一つでもあるコラボレーションの重要性を強く感じました。

あなたにとってのBuilding a better working world、Better Questionとは?

クライアントだけでは成し遂げられない世界を、EYが支援することで成し遂げることを目指す、という意味だと考えています。そのために、クライアントは高い対価を支払い、私たちに支援を依頼してくださるのです。
その期待を裏切らないためにも、日々学び、成長し、成果を出すことが、EYのコンサルタントに与えられた使命であり、それがBuilding a better working worldなのだと考えます。

候補者へのメッセージ

まずはEYのコンサルタントと是非話をしてみてください。EYが、皆さんの成長を加速させる場所・人であることを感じていただけると思います。

ストラテジー・アンド・トランスフォーメーション

Read more