EY Ripples 企業責任(Corporate Responsibility)プログラム

EY Ripplesは、EYのプロフェッショナルが⾃らの知識・スキル・経験を生かして、より良い社会の構築に貢献していく、Corporate Responsibilityプログラムです。

小さなしずくが水面に大きな波紋を描くように、EYはRipples活動を通じて社会に大きな波とインパクトを起こしていきます。

2030年までに気候変動により1億人※1以上が危機にさらされ自動化によって20億人※2の仕事が失われ開発途上国の人口は72億人※3に達すると言われています。

そんな中、EYは世界中の誰もが持続可能な経済成長に貢献し利益を享受できる社会を目指しています。

EYはSDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献するため2030年までに10憶⼈の⼈々にポジティブな影響を与えることを決意し、EY Japanでは以下の3つの分野に力を入れていきます。

詳細はこちら

※1:World Bank, Shock Waves
※2:Oxford Economics, How Robots Change the World
※3:United Nations, Population 2030

次世代支援
(Supporting the next generation workforce)

未来を担う若い力が仕事をする力をつける支援として、中高大学生向けにビジネス体験、デザインシンキングセッション等を開催しています。

社会に影響力を持つ起業家支援
(Working with impact entrepreneurs)

WABN(女性アスリートビジネスネットワーク)、起業家支援等、社会を良くするビジネスを行う起業家と協働しています。

持続可能な環境への取り組み
(Accelerating environmental sustainability)

世界を気候変動の危機から救う持続可能な環境への取り組みとして、水素コンサート、脱プラ、外部団体との自然資源保護等に取り組んでいます。