資格支援

仕事をしながら無料で経営学修士が取得できる 「Tech MBA」と、社内資格認定制度 「EY Badges」

EYは、デジタル時代に相応しいスキル習得やクライアントサービス品質向上の一環として、コンサルタントが自由に利用できる多様な研修・制度を導入しています。数ある研修・制度の中でも、社内資格認定制度である「EY Badges」は多くのコンサルタントの専門性を高め、自身が希望するキャリアパスを明確にするために活用されています。また、2020年に新たに導入された全EYメンバー30万人が受講可能な「EY Tech MBA」では、授業のすべてがオンラインで行われ、これまでに類を見ないMBA取得制度として注目されています。それぞれの制度について、現在「EY Tech MBA」取得を目指しているD.O.さんと、既に「EY Badges」を複数取得されたR.K.さんお二人のコメントも交えご紹介します。

EY Tech MBA(経営学修士)

EYでは、Hult International Business School※1と提携し、EYでの業務に従事しながらオンラインでのカリキュラムを受講することで、正式なMBA学位を取得することが可能です。一部の方※2を除き、EYのプロフェッショナルであれば職掌や職階、在籍期間に関係なく無料で取り組むことができます。MBAを無料で取得できる制度は業界初の試みになります。
具体的には、以下の3つのカテゴリーから、それぞれ定められた要件に沿って16個のEY Badges(EY内部の資格認定制度)を取得し、最終のCapstoneプロジェクト(ビジネスチャレンジ・ケーススタディなどを予定)を修了することでMBAを取得することが可能です。

  • テクノロジー
  • リーダーシップ
  • ビジネス

※1 Hultはスキルを重視した教育と実践的な学習への取り組みで知られており、世界でもトップクラスのビジネススクールとして位置付けられています。
※2 派遣職員、外部コントラクターおよびインターンの方はご利用いただけません。

テクノロジーコンサルティング 金融サービス
マネージャー
D. O.

<経歴>
大手SIerにて銀行システムの開発に携わる。邦銀海外店向け勘定系システム開発プロジェクトのリーダーを経て2016年に入社。以降、メガバンク傘下の海外銀行態勢調査等を担当。

キャリアを継続しながらMBA取得を目指せる

もともとMBAの取得を目指して米国の大学に進学しましたが、MBA課程に進む前に数年間の実務経験を積んだ方が良いと思い、学部卒業後いったん日本で就職しました。その後も夏休みを利用して海外大学院のキャンパス見学をして回りましたが、キャリアを中断するまでは踏み切れず、MBA取得は半ば諦めていました。

そんな中でEY Tech MBAの発表があり、キャリアを継続しながらオンラインで正式なMBAを取得できることに大きな魅力を感じ、受講を決意しました。また、今までもEYが提供していたオンラインのコースを受講していたので、それらがTech MBAの取得単位にカウントされることでMBA取得までの道のりが近く感じられたことも大きいと思います。

世界中のEYメンバーとネットワークを築ける

EY Tech MBAは、通常のMBA同様の座学に加え、学習で得た知識を業務に応用した実務経験が求められます。そのため、MBA取得を待たずともオンラインで学んだ最新の技術情報などを業務に適用してみて、より深く学ぶ必要のある領域を特定、履修する分野を決めるといったループを繰り返していければと考えています。

また、Tech MBAを目指す世界中のEYメンバーとのコミュニティーに参加し、励ましあいながら学習を進めていくことで世界中とのネットワークもできるため、そのネットワークを業務にも活用していきたいと思います。

EY Badges

EY Badges はデジタル時代の人材育成を目的としたEYグローバル共通の社内資格認定制度です。EY社員であれば誰でも取得可能です。デジタル時代に相応しいスキル習得やクライアントサービス提供を支援することを目的とし、テクノロジー領域では、以下の4分野が特に人気が高いです。

  • AI
  • データトランスフォーメーション
  • データビジュアライゼーション
  • インフォメーションストラテジー

デジタル・アンド・エマージングテクノロジー
シニアコンサルタント
R. K.

<経歴>
金融系SIerのリテールソリューション部門で、個人投資家向けの証券取引ソリューションのUI/UX検討を含めた要件定義、プロジェクトマネジメント業務に従事。データ分析企業にてBIツールの要件定義・構築、分析モデルの構築に従事。

スキルの証明として、キャリア上のタグ付けとしてのEY Badges

当初は、先端技術分野など、知識や経験を証明しづらい分野においてスキルを証明することに役立つと期待して取得を志しました。

EY Badgesという制度について理解を深める中で感じたのは、キャリア上のタグ付けとしても役立つということです。資格取得はインプット中心になりがちですが、座学だけではなく実務経験や社内へのフィードバック、教育等の貢献が求められるため、インプット/アウトプットのバランスもよく、日常の業務との相乗効果もあります。また1つひとつのBadge取得の積み重ねが、2020年から始まったTech MBAにつながるというのも非常に大きな魅力の1つと感じています。

EY Badgesから広がるコミュニケーション

EY Badgesをきっかけとして、社内外の方との会話を広げることを目指しています。EY Badgesは、社内でプロジェクトへ参画する際のアサイン検討面談でのスキルを証明する取り掛かりや、社内で同様のスキルを持つ人を見付け、交流するためのきっかけとなります。

AIやData Analyticsなどデジタル分野を担当する中で、社内外から「何かやりたいけれど、何ができるのか・どんなスキルが必要となるのか」曖昧な状態でお声がけいただくことも多くあります。そうしたときに、EY Badgesを目印として、私のスキル・経験をお伝えすることで、理解を深め新たなプロジェクトへと結びつけていければと考えています。

今後は、社外でも認知度を高め、クライアントとコミュニケーションをする際の話題や、新たな提案機会の創出などにも役立てばと考えています。
EY Badgesが社内外に浸透し、さまざまな場面で会話のきっかけとなることが、特にテクノロジー分野におけるEY Badgesの活用の仕方の1つなのではないかと考えています。