Leaders Message

大きく変わろうとしているテクノロジーコンサルティング。
テクノロジーとデータでより良い社会の実現を

EY ストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社
テクノロジーコンサルティングリーダー パートナー
田畑 紀和

EY Japan チーフ・イノベーション・オフィサー松永 達也

EY ストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社
ストラテジー・アンド・トランザクション
EYパルテノン デジタル&テクノロジーリーダー パートナー
一之瀬 裕城

テクノロジーの力でより良い社会を実現させたいと志している皆さん、こんにちは。

激動する時代の変化に適合し、その先を切り開いていくために、テクノロジーとデータの力が不可欠ですが、日本の現状はいかがでしょうか。その力を活用するどころか、むしろ振り回されていないでしょうか。新しいデジタル技術の出現とそのインパクトの大きさを目の当たりにしながら、多くの企業、公共団体では硬直化した既存の巨大なIT資産とそこに組み込まれた従来からの業務のやり方を目の前に立ちすくんでいるようにも見えます。さあ、テクノロジーの力を信じ、より良い社会の実現を目指している皆さんはどうしますか?今、日本社会は皆さんの力と志を必要としています。私たちEYでテクノロジーキャリアを一緒に歩んでみませんか?

激動する時代の変化に合わせてEYのサービスもまた大きく見直す転換期を迎えており、新たな成長戦略を描いています。その中でも注力領域となっているのが、テクノロジーとデータの強化です。EYでは、4つのサービスラインがそれぞれの専門性を持ち、その専門性を最大限引き出すためにテクノロジーとデータを活用できる人材を必要としています。例えば、監査部門では次世代の監査「Smart Audit」実現に向けてDigital Audit推進部を設けデジタル技術をフル活用した新しいサービス提供の在り方を強力に推進しています。また、コンサルティング部門においては、テクノロジーとデータの力を活用しないことにはクライアントに真の変革をお届けすることができないことは明確で、その専門性をコンサルティングサービスの中に組込んでいくことはもはや必然の変化です。

そして、テクノロジーコンサルティングもまた大きく変わろうとしています。かつて、コンサルティングサービスの世界では「上流」と「下流」があり、「上流」で戦略を考え、「下流」のテクノロジー導入へとつなげていく考え方がありました。しかし、このデジタルの世界においては、テクノロジーの裏付けがない戦略は空虚であり、戦略を欠いたテクノロジーは負債でしかありません。もはや一体化しているのです。Technology@Speed。テクノロジーの力をいかに早く成果へと変換できるのか、その力が今、トランスフォーメーションリーダーとして求められているのです。手段としてのテクノロジーがいつしか目的化し振り回されている現状を、クライアントと共に変えていかなくてはいけないと考えています。

EYという舞台が大きく成長する中で、共に、テクノロジーのキャリアを広げていきませんか?EYでは幅広いテクノロジーのキャリアが用意されています。きっとあなたに合ったポジションがあることでしょう。