EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社(EYSC)

ターンアラウンド・アンド・リストラクチャリング・ストラテジー シニアマネージャー

誰もが最高の自分になることを支援してくれるEYで、毎日を最大限に生き、いつでも最高の自分になれるよう努めている。

※英文は日本語の後に掲載しています。

入社の動機、自身のキャリアに与える影響など

私は若手起業家としてキャリアをスタートしました。起業家としてのスキルを磨き、自分のコンサルティング会社を含めて数年間で複数の事業を立ち上げました。その後、日本でMBAを取得することを決意しました。卒業後は歴史ある日本の多国籍企業に就職し、副社長および経営幹部補佐として働き経験を積みました。この経験から、私は日本のビジネス文化を会社の内側から理解することができ、そこではニュアンスが尊重されるということを学びました。

この企業で新しい戦略的ビジネスを開発した後、より幅広い業界の知識を得るために、私は再びコンサルティング業界で働きたいと考えていました。私が働いていた企業は、世界有数のコンサルティングファームからサービスを受けており、こうした自分自身のクライアントとしての実体験に基づいて、EYが魅力的で多様性がありダイナミックなファームだと確信したことが、EYに入社した理由です。入社してから分かったことは、EYにはキャリア開発の促進ため、クライアントポートフォリオの迅速な成長のため、また社会に今まで以上に大きなインパクトを与えるために必要なツール、チーム、サポートがそろっていることです。これもまた魅力の1つだと感じています。

EYは、世界中の人々の生活を向上させることを可能にさせるプラットフォームだと思います。そして、私が全セクターを横断してこれまでより大きなビジネスエコシステムを構築するスキルを磨き続けることができる場所でもあります。

印象に残っているプロジェクト

ある金曜日の夕方、EY のターンアラウンド・アンド・リストラクチャリング・ストラテジーチームのリーダーからの1本の電話がありました。日本で苦戦していたある食品小売企業を買収するための、複雑なトランザクションを私に引き継ぎたいという内容でした。翌週の月曜日、私は最初の機密情報ファイル一式を受け取り、驚いたのは買収のターゲットになっていた企業は、私が好きな食品ブランドの1つだったことです。高揚感と不安感の両方が沸き上がってきましたが、困難な状況にあり慎重さが求められるこのプロジェクトを引き受ける私自身の準備は整っていました。直ちに自分のチームを組成し、クライアントへどのように価値の提供を行えるかを考え、行動に移しました。

私のチームは、あらゆる種類の難問にクライアントと共に取り組み、プロジェクトに関わる全ての人々から認められ信頼を勝ち取りながら、数カ月後にタスクを終えました。プロジェクトを締めくくる際、私は「いつもと変わらないプロジェクトのはずなのに、なぜ今回はこんなに特別に感じるのか」と不思議に思っていました。その時、私は今回のプロジェクトを通じて、クライアントの方々と長く続く関係を築き上げただけでなく、私や家族、友人、その他にも大勢の人々を幸せな気持ちにしてくれる、1つの企業の未来の成功に貢献できたということに気が付いたのです。

プロジェクトは大成功に終わり、その食品会社がこれからも多くの人々の生活の中で幸せを育み続けることができることに、私もチームメンバーも達成感を得ることができました。

入社後に感じた実際のEYのメンバーとカルチャー

EYは非常に優秀なグローバル人材を集めることに成功しています。そして、EYでは、より良い社会の構築に必要な基本的要素が全て集まった素晴らしい企業文化が育まれていると感じています。

当社に関心をお持ちの方に向けたメッセージ

EYには、あらゆる所にチャンスがあります。人生の多くの側面で、EYが重要な役割を果たす可能性もあると思います。皆さんもぜひ、EYが提供するチャンスを活用して、自身の才能を世界と共有してください。成功できるかどうかは、あなたの意欲次第です。EYでは、誰もが最高の自分になれるように常に奨励されています。私も毎日を最大限に生き、いつでも最高の自分となれるように努めています。

At EY, you are encouraged constantly to become the best version of yourself. I try to live life to the max every day and become the best version of myself day-by-day.

Why did you join EY and how has working at EY impacted your career?

I spent several years at the start of my career refining my skills as a young entrepreneur and developing multiple businesses, including my own consulting startup. I then decided to pursue an MBA in Japan which led to a job in a Japanese, long-established multinational corporation. I gained experience working for a corporate vice-president and the C-suite of the company: this gave me an insider’s understanding of Japanese business culture and the insight to value its nuances.

After developing a strategic new business for that company, I decided to refocus into consulting to gain exposure to a broader spectrum of industries. Having first-hand experience as a client of other top-tier consulting firms, I found EY to be attractive, diverse and dynamic.

On joining EY, I found the tools, teams and support necessary to propel my career development, to quickly grow a client portfolio and to effect an even greater impact on society.

EY is the platform in which I continue polishing my skills create a much larger business ecosystem across industries and to reshape the life of many people around the globe.

Do you have a favorite project at EY? Which gave you the most satisfaction?

It began with a late-afternoon call on a Friday from EY Japan restructuring leader, asking me to take over a complex transaction to acquire a food retailing company which was struggling in Japan. The following Monday, I received the first batch of confidential information: the acquisition target was one of my favorite brands! I felt an immediate rush of both excitement and anxiety. However, I was ready to step into the project in a sensitive and challenging situation, organized my team and started delivering value to the client.

Just a few months later, my team had completed the task, tackled all sorts of challenges together with the client and earned the trust and recognition of everyone involved. On closing the project, I found myself thinking "We did what we usually do, so what makes this project feel so special?" At that point, I realized that I had not only developed a long-lasting relationship with the people behind the brand but also contributed to the future success of a company that makes me happy, makes my family and friends happy, and that makes so many other people happy.

The project was a complete success and the team and I gained the satisfaction of enabling the company to continue fostering happiness in the life of many people.

What are your thoughts on EY’s culture and the people that you work with?

It is a simple answer. EY is extremely successful in attracting some of the best global talent and fostering an amazing business culture that gathers all the fundamental elements necessary to build a better world.

How would you describe opportunities at EY?

You can find opportunity everywhere at EY. The firm can be pivotal in many aspects of your life: it is for you to leverage what EY can offer and share your talent with the world. The only limit to success is your own ambition. At EY, you are encouraged constantly to become the best version of yourself. I try to live life to the max every day and become the best version of myself day-by-day.

ストラテジー・アンド・トランスフォーメーション

Read more